日経メディカルのロゴ画像

東京オリパラは医療者の敵か味方か

 緊急事態宣言が発令したためか、受診者が少ない外来中。同世代の患者さんがボソリ。

 「ま~た、宣言出ちゃった。も~!夫が家にいるのよ。ストレスたまるわ。お昼ご飯も作んなくちゃいけないしさ」

 僕は会社員などが在宅勤務になることによって、運動不足や人とのコミュニケーションが少なくなったことでストレスがたまることは想像していた。しかし、同居の家族がストレス源となるとは考えていなかったなぁ。

 昨年、全国の児童相談所への通告された18歳未満の子どもの人数は10万6991人(前年比8.9%増)、子どもの通告で多いのは心理的虐待が73.3%(7万8385人)、身体的虐待が18.2%(1万9452人)、育児放棄、性的虐待と続く(警察庁の関連サイト)。また、配偶者や恋人からの暴力などDVの相談は8万2643人(前年比0.5%増)。加害者との接触時間の増加によることが推測される。子どもも大人も加害者との接触時間の増加によって事案は増えるが、逆に外部との接触は減ってしまうことで潜在化してしまうことが懸念されている。

 また、昨年は女性の自殺が2年ぶりに増加した(警察庁の関連サイト)。その根底には、うつ病や適応障害の増加もありそうだ。

 実際、うつ状態で生じやすい不眠がコロナ禍で増えているとのデータがある。クラシエが今年1月21~27日にインターネットで行った全国の20〜60歳代の男女に対するアンケートによると約4割の方が不眠症状を感じたことがあったという。特に50〜54歳では60%に上った。その症状は中途覚醒が72.4%、入眠困難が53.9%、熟睡感がないが38.2%だった。

 「もし 俺がヒーローだったら、みんなにストレス近づけやしないのに……」とつぶやいてみるが、気休めにもならないなぁ。トホホホ。

著者プロフィール

三浦和裕(三浦医院院長)◎みうら かずひろ氏。2004年帝京大卒。東京警察病院、聖マリアンナ医科大などを経て、2012年より現職。2017年より品川区医師会理事。日本プライマリ・ケア連合学会認定医、日本外科学会認定登録医、がん治療認定医。

連載の紹介

三浦和裕の「地区医師会感染症担当理事のホンネ(折々グチ)」
品川区医師会理事で、感染症も担当する三浦氏。普段、医師会では感染症関連の仕事は皆無だったのが、新型コロナの流行により、区内のPCRセンターの立ち上げなどに奔走し、いつの間にか、日々更新される新たな通知などを熟読し、医師会員向けに整理し直して発信する立場に。そんな三浦氏が、行政やら日本医師会、東京都医師会、学会からの膨大な情報を通読し、自身も発熱患者の診療の最前線に立つ中で感じたこと、疑問に思うこと(時々は愚痴も)を発信します。

この記事を読んでいる人におすすめ