日経メディカルのロゴ画像

宿泊療養を勧めたいけど、自宅療養もサポート万全って矛盾しない?

 例の東京都医師会による地区医師会感染担当理事の会議。今回は久しぶりにワクチン以外の話があった。なんだか新鮮な気がする。

 東京都は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)陽性者のうち、無症状者や入院治療が必要ない軽症患者に対して、感染拡大防止の観点から宿泊療養を基本としている。しかし、該当者の多くは宿泊療養よりも自宅療養を希望する。そのため診療・検査医療機関で検査し、その結果、陽性だった際には、宿泊療養を勧めてほしいとのことだ。どちらにしてもゆっくり休んでほしい。

著者プロフィール

三浦和裕(三浦医院院長)◎みうら かずひろ氏。2004年帝京大卒。東京警察病院、聖マリアンナ医科大などを経て、2012年より現職。2017年より品川区医師会理事。日本プライマリ・ケア連合学会認定医、日本外科学会認定登録医、がん治療認定医。

連載の紹介

三浦和裕の「地区医師会感染症担当理事のホンネ(折々グチ)」
品川区医師会理事で、感染症も担当する三浦氏。普段、医師会では感染症関連の仕事は皆無だったのが、新型コロナの流行により、区内のPCRセンターの立ち上げなどに奔走し、いつの間にか、日々更新される新たな通知などを熟読し、医師会員向けに整理し直して発信する立場に。そんな三浦氏が、行政やら日本医師会、東京都医師会、学会からの膨大な情報を通読し、自身も発熱患者の診療の最前線に立つ中で感じたこと、疑問に思うこと(時々は愚痴も)を発信します。

この記事を読んでいる人におすすめ