日経メディカルのロゴ画像

新型コロナ診療の最前線に立つ呼吸器リハ

 珍しく、早めに家に帰れた日にニュースを見たら、古巣の特集が出てきた。院長先生以下知っている顔が映る。みんな頑張っているな~っと見ていると、画面の片隅、ベッドの脇にも懐かしい顔を発見。カメラなどお構いなしで、一生懸命働いている。その姿を見て自分が伝えたいことを思い出した。

 メディアの報道では、医師、看護師にスポットが集まりやすく花形のようになっているが、そうではない。色々な職種、エキスパートが集まって知識、技を出し合って命を救っている。私は大学病院勤務時代に薬剤師さん、理学療法士(PT)さん、臨床工学技士さん、臨床検査技師さん、様々な職種の人に助けられた。そう、チーム医療の重要性を学んだのだ。そのおかげで町医者をやっている今も様々な人の意見をもらいながら当院の医療を提供できている。

著者プロフィール

三浦和裕(三浦医院院長)◎みうら かずひろ氏。2004年帝京大卒。東京警察病院、聖マリアンナ医科大などを経て、2012年より現職。2017年より品川区医師会理事。日本プライマリ・ケア連合学会認定医、日本外科学会認定登録医、がん治療認定医。

連載の紹介

三浦和裕の「地区医師会感染症担当理事のホンネ(折々グチ)」
品川区医師会理事で、感染症も担当する三浦氏。普段、医師会では感染症関連の仕事は皆無だったのが、新型コロナの流行により、区内のPCRセンターの立ち上げなどに奔走し、いつの間にか、日々更新される新たな通知などを熟読し、医師会員向けに整理し直して発信する立場に。そんな三浦氏が、行政やら日本医師会、東京都医師会、学会からの膨大な情報を通読し、自身も発熱患者の診療の最前線に立つ中で感じたこと、疑問に思うこと(時々は愚痴も)を発信します。

この記事を読んでいる人におすすめ