日経メディカルのロゴ画像

COVID-19ワクチン、誤解あるある

 新型コロナウイルス(COVID-19)についてのワクチン接種について資料の準備をしながらの妻(看護師)との会話。

私:筋肉注射のDVDをいろんなとこで作ってるんだけど、見るのかな?
妻:見ないんじゃない?みんなできるもん
私:そうだよねー!
妻:だって、皮膚つまんで刺して、逆流来なければ打つだけでしょ?」
私:……。

 間違えまくってる。実技の試験があったら留年決定だ。ということで、今回はワクチンに関する誤解について書いてみたい。

 まず、ワクチンの筋注方法について。

 筋肉注射では皮膚はつままない。つまむと針は筋肉に達しないからだ。同様に針を斜めに入れるのもダメだ。逆流も確認してはいけない。筋肉組織が損傷し、それによって免疫の獲得を弱めてしまう。抜針後にもむのも効果には影響ないが皮下出血などを起こしてしまうのでNG。

 現在、日本のワクチン接種は、一部を除いて、原則、皮下接種である。これは、過去に国内で筋肉内注射によって、大腿四頭筋拘縮症の患者の報告が多数あり、それ以降、筋肉内注射による医薬品の投与を避ける方針に転じたためのようだ。

 ただ、筋拘縮症の要因としては、薬剤のpHが低く浸透圧の高い解熱薬や抗菌薬の頻回投与が指摘されている。ワクチンのpHはほぼ中性で、浸透圧は生理的なものに近いので、ワクチン接種と筋拘縮症の関連はなさそうだ。

 実際海外では、生ワクチンを除く多くのワクチンが、原則として筋肉内に接種されている。日本でも複数ワクチンを同時に接種する場合などは、筋肉内への接種が標準となっている。その理由は、筋肉内への接種の方が皮下接種に比べて局所反応が少なく、また、効果は同等なため。COVID-19ワクチン以降、筋肉注射が増えるかもしれない。

著者プロフィール

三浦和裕(三浦医院院長)◎みうら かずひろ氏。2004年帝京大卒。東京警察病院、聖マリアンナ医科大などを経て、2012年より現職。2017年より品川区医師会理事。日本プライマリ・ケア連合学会認定医、日本外科学会認定登録医、がん治療認定医。

連載の紹介

三浦和裕の「地区医師会感染症担当理事のホンネ(折々グチ)」
品川区医師会理事で、感染症も担当する三浦氏。普段、医師会では感染症関連の仕事は皆無だったのが、新型コロナの流行により、区内のPCRセンターの立ち上げなどに奔走し、いつの間にか、日々更新される新たな通知などを熟読し、医師会員向けに整理し直して発信する立場に。そんな三浦氏が、行政やら日本医師会、東京都医師会、学会からの膨大な情報を通読し、自身も発熱患者の診療の最前線に立つ中で感じたこと、疑問に思うこと(時々は愚痴も)を発信します。

この記事を読んでいる人におすすめ