日経メディカルのロゴ画像

第12回
認知症の睡眠障害で介護者に伝えたい8箇条とは

2019/08/08
三島和夫(秋田大学精神科学講座)
認知症の睡眠障害で介護者に伝えたい8箇条とはの画像

 前回は、医療現場でも問題となっている認知症患者の昼夜逆転や夜間徘徊など睡眠問題の背景要因の複雑さ、診断の難しさについて解説しました。今回は、その治療対策編です。

 認知症患者では不眠症はもちろんのこと、睡眠時無呼吸症候群やむずむず脚(レストレスレッグス)症候群、レム睡眠行動障害、周期性四肢運動障害、薬剤の副作用による睡眠障害などさまざまな睡眠障害に罹患しています。脳器質障害のため複数の睡眠障害が併存していることもまれではなく、治療に入る前にしっかりと鑑別診断する必要があります。睡眠薬の効果が期待できる不眠症は、むしろ少数派であることを念頭に置いて症状を診立てましょう。

著者プロフィール

三島和夫(秋田大学大学院医学系研究科精神科学講座教授)●みしま かずお氏。1987年秋田大学卒。医学博士。秋田大学医学部精神科学講座助教授、米国スタンフォード大学医学部睡眠研究センター客員准教授、国立精神・神経医療研究センター睡眠・覚醒障害研究部部長を経て、2018年より現職。専門は精神医学、睡眠医学、時間生物学。日本睡眠学会理事、日本時間生物学会理事。『朝型勤務がダメな理由』(日経ナショナルジオグラフィック社 、2016)など著書多数。

連載の紹介

三島和夫の「知って得する睡眠臨床」
日本人の5人に1人が悩まされている睡眠問題。眠れない、眠いと訴える患者にどう対処するべきか、医師の悩みも少なくありません。日本睡眠学会の『睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドライン』を取りまとめた、睡眠医療の第一人者である三島氏が、プライマリ・ケア医が押さえておくべき睡眠障害の診立て方と対処法をやさしく解説します。

この記事を読んでいる人におすすめ