日経メディカルのロゴ画像

平成30年度医療産業イノベーションフォーラム講演より
加速するデジタルヘルス

2019/11/06
久世和資氏 (日本IBM 株式会社 執行役員、最高技術責任者)

このコラムでは、2018年11月~2019年3月に開催された「医療産業イノベーションフォーラム」の講演の一部をご紹介します。医療が従来の枠を超えて様々な分野と協力し、新たな潮流が産まれていく最前線のダイナミクスを感じていただければ幸いです。なお、好評既刊『医療4.0を支える医療産業イノベーションの最前線』では、この記事の他にも多くの講演を収録しているので、興味がある方にはご一読をお勧めします。なおページ下には、本年11月から開催予定の令和元年度「医療産業イノベーションフォーラム」のご案内もあります。

連載の紹介

医療産業イノベーションフォーラム
2018年11月~2019年3月に開催された「医療産業イノベーションフォーラム」(全8回)の講演内容を一部紹介します。なお、2019年7月に刊行した書籍『医療4.0を支える医療産業イノベーションの最前線』には本講演を収録していますので、さらに詳しい内容がお読みいただけます。
2019年度も開催します!
「医療産業イノベーションフォーラム」(全8回)

■テーマ 「いのち」と「くらし」産業の再定義 日本の役割
■期間 2019年11月~2020年3月
■時間 18時00分~20時30分(終了後、懇親会を予定しています)
■場所 鉄門記念講堂(東京大学医学部教育研究棟14階)
■参加費(資料代) 学生(全8回):無料、一般(全8回):5万円 ほか

 ⇒各回の講演者などの詳細や申込みはこちら

この記事を読んでいる人におすすめ