日経メディカルのロゴ画像

関節痛治療の基礎、保存療法を確実に続けるには

2018/11/21
佐々木貴紀(メドレー)

 「関節がズキッと痛む」

 これは階段を上がるときやしゃがんだときなどに、多くの人が経験します。

 日々の診療でも関節痛はたびたび遭遇する主訴です。関節痛を起こす原因疾患は根治の難しいものが多く、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)などの鎮痛薬の処方が必然的に多くなってしまいがちです。ここでは関節痛に対するNSAIDsの処方や、患者の痛みを減らすためのアプローチについて考えてみたいと思います。

著者プロフィール

メドレー社の運営するオンライン医療事典「MEDLEY」の編集メンバーがリレー形式で執筆します。監修は園田唯(メドレー社医療監修、医師)が行います。

連載の紹介

関節痛の診かたアップデート
よくある関節の痛みだけれども、鑑別疾患を考えると難しい――。この連載では、遭遇することが珍しくないこうした場面における診断アプローチの仕方について考えていきます。

この記事を読んでいる人におすすめ