はじめまして。呼吸器内科医の山口哲生です。

 肺癌検診でも一般診療でも、胸部X線写真の読影スキルは必須だが、しっかりトレーニングを受ける機会は少ない。胸部X線写真の読影スキルを身に付けるには「習うより慣れろ」が基本。価値のある胸部X線写真を数多く読むことが必要だ。そうした思いから今回、この連載を始めることにした。

 ここでは、肺癌検診に30年以上携わってきた私が経験した症例の中から、選りすぐりの胸部X線写真を提示する。アナログフィルムから起こしたものもある。実際に検診の現場に自分がいるつもりで、読影に取り組んでみてほしい。

【レッスン1】異常陰影のある場所を指摘せよの画像

ログインして全文を読む