日経メディカルのロゴ画像

【レッスン1】異常陰影のある場所を指摘せよ

2018/08/30
山口哲生(新宿海上ビル診療所 [東京都渋谷区])
【レッスン1】異常陰影のある場所を指摘せよの画像

はじめまして。呼吸器内科医の山口哲生です。

 肺癌検診でも一般診療でも、胸部X線写真の読影スキルは必須だが、しっかりトレーニングを受ける機会は少ない。胸部X線写真の読影スキルを身に付けるには「習うより慣れろ」が基本。価値のある胸部X線写真を数多く読むことが必要だ。そうした思いから今回、この連載を始めることにした。

 ここでは、肺癌検診に30年以上携わってきた私が経験した症例の中から、選りすぐりの胸部X線写真を提示する。アナログフィルムから起こしたものもある。実際に検診の現場に自分がいるつもりで、読影に取り組んでみてほしい。

著者プロフィール

やまぐち てつお氏〇1978年千葉大学卒。千葉大学呼吸器内科講師・医局長を経て、1989年からJR東京総合病院呼吸器内科医長、1992年から部長、2008~2015年に副院長兼呼吸器センター長を務める。2015年から現職。サルコイドーシス専門外来も開いている。

連載の紹介

山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
複数の自治体で肺癌検診の読影に携わり、肺癌検診読影従事者と若手呼吸器内科医を対象に胸部X線写真の読影法を指導してきたほか、「人の肺(ハい)読影法」を考案した山口哲生氏が肺癌検診クイズを出題。あなたの胸部X線読影スキルを劇的に向上させる。

この記事を読んでいる人におすすめ