日経メディカルのロゴ画像

東京都文京区
東大病院「レストラン ねむの樹」
(4/27 訂正)

2006/04/26

写真1 おそらくこの店で一番高いと思われる松膳(1200円)

 東大病院には、食事のできる店が全部で7軒ある。入院棟15階の「精養軒」での取材を浮き浮き申請したが、編集長から「一番多くの人が利用する、普通の食堂でお願いします」とけんもほろろに却下されたため、総勢2名で同じ入院棟1階にある「レストランねむの樹」に入った。ちなみに斜向かいには姉妹店のような「喫茶ゆりの樹」がある。

 ちょうど昼時で店内は混みあっていたが、食券を買って並ぶともなく入り口付近に立っていると、すぐに席への案内があった。スマートさはないが、親しみの持てる接客である。店内は明るく、清潔感があり、30年前のデパートのお好み食堂を彷彿とさせる。

 注文したのは、おそらくこの店で一番高いと思われる「松膳」(1200円)。待つこと20分。相方が、待ち時間5分で供された「しょうが焼定食」(800円)をほぼ食べ終わったころに、運ばれてきた。マニュアルが徹底しているファミレスでは考えられない料理の出し方である。当然ながら、筆者のイライラはほぼ頂点に達していた(半分は「だから精養軒にしたかったのに」という恨みもある)。

 しかし、松膳の料理の豪華さに、たちまち目尻は垂れ、涎は口中に充満した。お造り(マグロ、甘エビ、イカそーめん)、煮物(金目、ダイコン、ニンジン、ナス、菜花、麩)、天ぷら(エビ、キス、タラの芽、カボチャ、ナス)、温泉卵、香の物、フルーツ(イチゴ、オレンジ)、それに白飯と味噌汁。

 天ぷらはもちろん揚げ立て。煮物の味は見た目よりはるかに薄味。刺し身も新鮮である。盛り付けにも工夫があり、食器もプラスチック製はない(味噌椀を除く)。これで1200円はお得である。しかもカロリーは646kcal。やるではないか、東大病院!

連載の紹介

病院ランチ食べ歩き
「日経メディカル Online」関係者が、全国各地の病院のレストランで食べ歩いたランチメニューをご紹介します。
客観的な評価指標として、(1)カロリー・塩分表示があるか?(2)白衣の職員を見かけたか?(3)禁煙か? の3点をチェック。雰囲気、メニューの豊富さ、価格、食器、味などに関する主観的なコメントも付記しています。

この記事を読んでいる人におすすめ