日経メディカルのロゴ画像

肺の空洞にはアスペルギルスが住みやすい
European Respiratory Journalから

2019/04/08
倉原優(近畿中央呼吸器センター)
肺の空洞にはアスペルギルスが住みやすいの画像

 世の呼吸器内科医なら誰しもが実感していると思いますが、肺に空洞があるとアスペルギルスが定着しやすいです。例えば、結核治療後に空洞が残ってしまったケースで、数年後に喀痰からアスペルギルス属が検出される、なんて事態が往々にしてあるわけです。しかし、それを論文にまとめたものは多くありません。

著者プロフィール

倉原優(国立病院機構近畿中央呼吸器センター呼吸器内科)●くらはら ゆう氏。2006年滋賀医大卒。洛和会音羽病院を経て08年から現職。自身のブログ「呼吸器内科医」を基に『ねころんで読める呼吸のすべて』(2015年)、『咳のみかた、考えかた』(2017年)などの書籍を刊行している。

連載の紹介

Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
倉原氏は、呼吸器病棟で活躍する若手医師。呼吸器診療に携わる医療従事者が知っておくべき薬や治療、手技の最新論文の内容を、人気ブログ「呼吸器 内科医」の著者が日々の診療で培った知見と共に解説します。呼吸器診療の最先端を学べる臨床連載です。

この記事を読んでいる人におすすめ