軽症COPDに対して、吸入短時間作用性β2刺激薬(SABA)や吸入短時間作用性抗コリン薬(SAMA)を使用すると息切れを軽減できることが示されています。しかし個人的には、COPDの患者さんには吸入長時間作用性抗コリン薬(LAMA)を処方することが多く、喘息とは違って頓用のSABAやSAMAを処方する頻度は低いです。その理由は、長期管理薬と発作時治療薬の2種類の使い分けが、COPD患者さんでは難しいと思っているからです。

COPDにSABAの頓用処方は妥当か?の画像

ログインして全文を読む