特発性肺線維症(IPF)に対する制酸剤、特にプロトンポンプ阻害薬(PPI)については、IPF関連死亡を減少させる可能性があるというメタアナリシスがあります。このメタアナリシス、Kreuterらの研究グループに偏っていることや、そもそも妥当な論文が多くないことには注意が必要で、少なくとも総死亡に対しては影響がないと結論付けられています。

特発性肺線維症の咳嗽にPPIは有効なのか?の画像

ログインして全文を読む