閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)に対する経鼻的持続陽圧(CPAP)療法を選択するとき、基本的には鼻マスクを選ぶことが多いです。口まで覆ってしまうと閉塞感がありますし、マスクのせいで逆に眠れないという事態が起こりやすいからです。そのため、患者さんも多くの場合、鼻マスクを好まれます。

CPAPで鼻マスクと口鼻マスクを選ぶポイントの画像

ログインして全文を読む