2年前にもこの連載で紹介したことがありますが、特発性肺線維症(IPF)と胃食道逆流症(GERD)は密接に関連しているので、腹腔鏡下逆流防止術を行えば進行を抑制できる可能性があります。

【続】IPFに対する腹腔鏡下逆流防止術は有効か?の画像

ログインして全文を読む