百日咳の診断は、現在では検査精度の高い百日咳菌LAMP法やノバグノスト百日咳/IgMが有効であるとされていますが、従来のPT-IgG抗体価の上昇でもって診断されていることも多いです。

クリニックで遭遇する百日咳PT-IgG抗体陽性例の特徴とは?の画像

ログインして全文を読む