今回は非常に典型的な誤嚥性肺炎を繰り返した症例を紹介しつつ、高齢者が肺炎を生じた際も、できるだけ在宅で治療することが、患者・家族の負担が少ないだけでなく、患者の自立度の維持にも貢献するというお話をします。

高齢者の肺炎は自宅で治療し自立度を保て!の画像

ログインして全文を読む