日経メディカルのロゴ画像

聴診の実践(6)
【動画】聴診で原因が分かる不明熱も

2020/10/26
國松淳和(南多摩病院総合内科・膠原病内科)

 今回は不明熱の患者に対する聴診です。血液培養で陰性の患者でも、聴診を行うことで鑑別につなげられるケースもあります。(4分00秒)

著者プロフィール

國松淳和(南多摩病院総合内科・膠原病内科部長)●くにまつじゅんわ氏。2003年日本医科大学卒。国立国際医療研究センター膠原病科、同センター総合診療科を経て、2020年7月より現職。

連載の紹介

國松淳和の「患者を磁石のように惹き付ける初診外来術」
他の医師の外来を見る機会はなかなかありません。臓器横断的な知識を駆使して不定愁訴を訴える患者に國松淳和氏がどのように初診に対応しているのか。國松流の外来術を動画も交えて紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ