日経メディカルのロゴ画像

1/6放送 テレビ朝日系『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』から
みんなの家庭の医学◆名医がズバリと診断

2015/01/14

 昨年から始まりました本コラムですが、今年も引き続き、ためつすがめつ健康番組にチャチャを入れていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 正月明けは、特別番組として、2時間スペシャルや3時間スペシャルも含めて、毎日のように健康番組が放映されていました。その中で、今回の「たけしのみんなの家庭の医学」はセカンドオピニオンスペシャルということで、「中身が濃いかも」と期待しながら観てみました。

 最初のお悩みは「腰痛」です。その85%は原因不明と言われています。Webサイトで公開されている「腰痛ガイドライン2012」を見てみますと、鑑別すべき残りの15%は「腫瘍(原発性・転移性脊髄腫瘍)」「感染(化膿性脊椎炎、脊椎カリエス)」「外傷(椎体骨折)」や腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、脊椎すべり症などだそうです。

 番組では、「変形性腰椎症」と診断されているものの、長く治らない腰痛の症例が登場。セカンドオピニオンを求めたものの、やはり変形性腰椎症と診断されました。この腰痛の隠された意外な原因を解き明かしたのは、慶應義塾大学整形外科の松本守雄氏でした。

 松本氏は、この患者さんの「背中を押しても痛みがない」「手のひらが荒れている」「骨盤を押すと痛い」という点に注目し、自己免疫疾患である「SAPHO症候群」と診断しました。聞いたことがない病気だったので調べて見ましたが、慶応義塾大学病院のサイトによると、発症頻度は「世界的には0.04%程度」という極めてまれな疾患で、「実際に診断確定までに平均9年を要すると報告している論文もあります」という記載もありました。ここまで難しい疾患であれば、前医がきちんと診断できないのも無理はありませんね。

 続く「家庭で簡単にわかる主な腰痛の原因」のコーナーでは、ここが痛いと筋肉疲労、ここが痛いと椎間板、などとアドバイスをしていました。素人診断で、「私、椎間板が悪いみたいなんで診てください」なんていう、ややこしい患者が増えなければいいんですが。

 次の悩みは「謎の足のしびれ」です。これも診断が難しそうです。ここで登場する名医は、この番組でもおなじみの三重大学病院総合診療科の竹村洋典氏です。原因不明とされた今回の患者さんに対するセカンドオピニオンは「異常感覚性大腿神経痛」でした。末梢神経の障害だそうです。この疾患は、きつめのジーンズを履いたりして太ももの神経が圧迫されることで起こるため、太ももが細くなるように生活習慣を改善することが大切なのだとか。

 次は「物忘れ」です。脳血管にも異常がなく、脳萎縮もないとされて困っていたこの患者さんの物忘れの原因を突き止めたのは、旭川医科大学病院の千葉茂氏でした。もしかして、健康番組では“治る認知症”として常連の「特発性正常圧水頭症」がまた出てくるんじゃないかとヒヤヒヤしましたが、ここでのセカンドオピニオンは「高齢発症てんかん」でした。

 日本神経治療学会のガイドライン高齢発症てんかんは1~2%の有病率であり、稀な疾患ではないようです。番組では「高齢発症てんかんの見分け方」なんてやっていましたが、そこは医者の領域ですから、素人が手を出さない方がいいような……。まあ、高齢発症てんかんを疑い得る「嫌な臭いがした」とか「突然起きる胸の不快感があった」とかいった症状があれば、専門医に積極的に伝えてみるのは有用かもしれませんけども。

 続いては、2人の高血圧の名医が登場します。東京女子医大病院の市原淳弘氏は、本態性高血圧と診断された女性を「甲状腺機能低下症」と診断しました。ポイントは、足のむくみとゆっくりした心臓の鼓動。本態性高血圧、睡眠時無呼吸症候群、腎臓の機能低下を否定していき、ホルモン異常に原因を追い詰めていきました。

 2人目は国立循環器病研究センターの岩嶋義雄氏です。岩嶋氏は、検査値に異常がなくても血管や血流を診ることで原因が分かることがある、と言います。今回の患者さんは原因不明の重症高血圧でしたが腹部の血流音の異常を見逃すことなく「腎血管性高血圧」というセカンドオピニオンを導き出しました。腎動脈の狭窄はエコーでもなかなか診断が難しいということですので、素晴らしいセカンドオピニオンですね。

 診断がつかずに治療もままならない状況は患者さんにはとても苦しいもの。それを、颯爽と登場した専門医がズバリと診断して解決するというのは、新年早々なかなかすがすがしい展開で、今回は気持ちよく拝見できました。

著者プロフィール

くめ やすはる(薬剤師)●粂康晴氏。京都大学薬学部卒。大手製薬会社に20年以上勤務し、MR、研究開発、内部監査などを経験後に退社。糖質オフにこだわるレストラン「カーボオフ」を埼玉県の大宮にオープンした。

連載の紹介

くめやすはるの「健康番組タメツスガメツ」
テレビの健康番組にあおられて「私もこの病気じゃないかしら」と外来に押し寄せる患者たち。今週、テレビでどんなトンデモな健康番組が放映されたのかを、患者への説明に役立つ小ネタとともに、ご紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ