日経メディカルのロゴ画像

11/23放送 TBS系『駆け込みドクター!』から
「あとは看護師に聞いてください」はダメらしい

2014/12/08

 今回は、『駆け込みドクター』でよくやっている「お医者さんに聞きたいこと」の2時間スペシャルがありましたので、こちらを見てみました。まあ、ほとんどいつも、「それを医者に聞くんですか?」っていうネタばかりなんですが、果たして今回はどうでしょうか。

 まずは、「薬は水以外で飲んではいけないか?」という質問からスタートです。重曹をコップのジュースに入れて泡があふれる映像が出てきます。質問と何の関係があるのか謎ではありますが、まあ映像的には盛り上がりました。

 その後は、定番の「牛乳で飲んではいけない薬」とか「食前、食間は食事の何分前に飲むか」という話題に進んでいきます。でも、一般の人たちは、これを「お医者さんに聞きたい」んでしょうか。こういうものこそ、薬剤師の出番なんじゃなかろうかと。

 さらには、話題を変えて「口呼吸はよくないの?」「寝違えはなぜ起きるの?」と進んでいきます。これも、医者に聞きたいんですか。そうですか。

 そして、本日のメインである「いい医者、いい病院の見分け方」です。見分け方を、看護師100人に聞きました。でもアンケートの内容は、「よくない医者、病院の見分け方」にすり替わっちゃってます。要は、看護師さんが、イケてない医者や病院の不満をぶちまけました、という内容です。

 で、「よくない医者、病院の見分け方」として挙げられたのは、「医師が看護師を見下している」「セカンドオピニオンを相談しづらい医師」「あとは看護師に聞いてくださいという医師」「受付の対応が悪い病院」というものでした。

 いくつか納得できるものもありましたが、「あとは看護師に聞いてください」はダメですか。一から十まで医者にやれってことですか。そうですか。

 いずれにせよ、この番組を見た人は今後、病院でこんなあたりをチェックしてきますから、医療関係者のみなさんは、要注意かもしれません。

 続けて、医療者側から見た「困った患者」を挙げていきます。「ボクは弁護士だから変なことになったら訴えるよ」などと権威をひけらかす患者、検査を当日やってくれという患者、自分で診断や処方を決めつける患者、軽傷なのにやたらと入院したがる患者――などなど。日経メディカルでも、時々取り上げているネタ(関連記事)ですね。これを見て、「この手があったか」とか思って、実際にやり出す患者がいないか心配です。いないか。

 次は、「長寿の秘訣」を、かの100歳姉妹で有名な「きんさんぎんさん」の娘さんたちに取材です。この3姉妹は、現在全員が90歳を超えていて3人合わせて280歳だそうです。すごいですねえ。3人が話す長寿の秘訣も、なかなか面白いものでした。こちらは完全に「お年寄りに聞きたいこと」だったりしますけどね。

 3Dプリンターの医療応用など、いくつか最先端医療関連の小ネタの紹介があり、最後は、食事で体の不調を直そうということで、冷え、高血圧、肌荒れに、どんな食材を食べるといいかというコーナーでした。まあ、そうしたアプローチもあるかとは思いますが、「冷え解消に蒸しりんご」とかって、本当に「お医者さんに聞きたい」んですか?

 そんなこんなで、やっぱり『駆け込みドクター!』は、タイトルにとらわれない、とても自由な番組なのでありました。

著者プロフィール

くめ やすはる(薬剤師)●粂康晴氏。京都大学薬学部卒。大手製薬会社に20年以上勤務し、MR、研究開発、内部監査などを経験後に退社。糖質オフにこだわるレストラン「カーボオフ」を埼玉県の大宮にオープンした。

連載の紹介

くめやすはるの「健康番組タメツスガメツ」
テレビの健康番組にあおられて「私もこの病気じゃないかしら」と外来に押し寄せる患者たち。今週、テレビでどんなトンデモな健康番組が放映されたのかを、患者への説明に役立つ小ネタとともに、ご紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ