日経メディカルのロゴ画像

人口減で病院消滅の危機、経営者は今こそ「勝負」に出る勇気を!

2014/09/04

 今回のお題は人口減少と病院経営の危機について。畏友、国際医療福祉大大学院・高橋泰教授によると、「全国に348ある二次医療圏のうち国土面積の7%を占める70の大都市型医療圏に日本の人口の52%が居住している」「それらの医療圏は当分の間、医療需要の減少危機はないが、その他の国土面積の93%を占め、人口の48%が住む278医療圏のうち過半の医療圏は今後医療需要の低迷が明らかである」とか。

 我々伯鳳会グループの発祥の地・兵庫県赤穂市はどこから見ても立派な医療需要低迷地域。人口減少問題は我々にとって深刻な問題となっている。コラムをご覧になる方々の半数は我々と同様の環境下にあると思い、今回の稿は人口減少地域にフォーカスして雑文を書き飛ばすことにした。本来ならば人口減少地域で病院はどうやって生き延びるかという話にしたいのだが、期待に添えない結論となっているかもしれない。どうかご容赦いただきたい。

人口減少問題の解決は不可能では
 少子高齢化が叫ばれ始めて久しい。社会保障人口問題研究所より発表されている市町村別将来人口推計に表されたように人口の変化、人口構成の変化が地域により大きく異なることも周知の事実となった。さらに日本創成会議より発表された20~40歳の女性人口に着目した「消失自治体」問題も喧伝されている。

 現在、自治体を中心に人口減少を食い止めようと幾つもの試みがなされているが、大きな成果を上げたものはないようだ。国はようやく人口問題に取り組もうとしているが、出生率の目標すら明らかにすることができない。

 出産はかつて国が率先してコントロールすべき問題と考えられており、スローガンとして出産を奨励することができた。しかし徐々に出産は夫婦の問題となり、今では女性の個人的な問題と捉えられるようになった。個人的問題に公が関与するのは人権の侵害といわれ、デリケートな部分を内包するがために出産に関して発言するのもはばかられる時勢となったようだ。


 日経ウーマンオンライン2011年10月3日の記事によると、産みたい子供の数の平均は20歳代で2.25人、30歳代で1.94人。この数値は出産子育てに関する経済的・社会的問題が解決され、女性が産みたいだけ産める環境が出現したとしても人口維持に必要な出生率2.07が達成されないことを意味する。「子供を産むのは良いことだ」、「子育ては楽しい」など出産と子育ての素晴らしさを若年層に教育することが必要だが、女性手帳ひとつ配布できないご時世ではそれは不可能。教室で教えられるのは避妊法だけなのだろう。

 婚外子の出生数が諸外国に比して圧倒的に少ない(新生児のうちの2.71%)日本では、生涯未婚率の上昇に伴い、さらに出生率の低下が進むのではないか。産みたくない女性に産むことを強制できるはずもなく、移民受け入れの声が大きくならない以上、人口問題はもはや解決不可能なのでは。

 出生数の減少は日本の国力衰退を招き、社会の様々なシステムを破壊すると予想されているが、この状況下で地域の病院はいかに存続の道を探るべきか、私の考えを述べてみたい。

病院存続のカギは地域人口と人口構成
 我々病院は地域密着型の地場産業、地産地消のローカル産業でありマーケットの地域人口と人口構成が需要を規定する。特殊な分野の専門病院(甲状腺、痔など)を除けば主な集患範囲は半径数キロメートルにすぎない。

 さらに今では入院患者の大半は高齢者である。感染症、交通事故、労働災害などが減少し、増えているのは高齢者の疾病であり、入院患者の平均年齢は確実に上昇している。高機能病院は癌、心疾患、脳血管疾患の3大成人病が主、一般病院は老人性肺炎、骨折、廃用症候群などが主であるだけで、どこも高齢者の病院なのだ。
 
 入院患者が高齢化する以上アクセス性がさらに重要になり、集患範囲、診療圏の半径は縮小する懸念がある。病院、特に一般病院にとっては地域人口と人口構成が今までにも増して大切になるだろう。

 一部の病院は「町おこし」「地域活性化」の事業に取り組み、病院を社会の大切なインフラとして人口維持を図ろうとしているが効果は限定的のようだ。確かに病院は学校、商店などとともに地域には大切な機能ではあるが、それが人口流入の起爆剤となるほどのパワーはないのであろう。

著者プロフィール

古城資久(医療法人伯鳳会 赤穂中央病院代表者、理事長)〇こじょうもとひさ氏1958年岡山県生まれ。84年日大医学部卒業後、岡山大第2外科に入局。93年赤穂中央病院勤務、2001年伯鳳会理事長。大阪暁明館病院、東京の白鬚橋病院などの経営を継承し、グループの総ベッド数は1115床に。趣味はベンチプレスで、世界マスターズベンチプレス選手権で4回優勝し、世界新記録を1度樹立している。

連載の紹介

赤穂の風雲児 古城資久の急性期病院血風録
兵庫県の赤穂中央病院(265床)を拠点に、大阪府や東京都内でも医療・介護事業を拡大してきた伯鳳会グループ。その事業展開に加え病院運営面の改革でも注目を集めている理事長の古城資久氏が、自らの取り組みのほか、制度改革の荒波に揉まれる急性期病院の「今後」について語ります。

この記事を読んでいる人におすすめ