日経メディカルのロゴ画像

白鬚橋病院、再建への約束(2)~泥船に残った職員から教わったこと~

2014/08/07
白鬚橋病院、再建への約束(2)~泥船に残った職員から教わったこと~の画像

 このコラムの連載が始まる前に編集担当者からいくつかの要望が提示されているが、その中の1つとして、ぜひ白鬚橋病院ネタを頼むと言われていた。われわれ伯鳳会グループは今回を含めて過去5回のM&Aを行っており、大阪暁明館のように今回の2倍以上の規模の案件も手掛けたのだが、編集部は白鬚橋病院を指定してきた。やはり情報発信は東京からであり、ネタとしては急性期病院が面白いのであろう。

著者プロフィール

古城資久(医療法人伯鳳会 赤穂中央病院代表者、理事長)〇こじょうもとひさ氏1958年岡山県生まれ。84年日大医学部卒業後、岡山大第2外科に入局。93年赤穂中央病院勤務、2001年伯鳳会理事長。大阪暁明館病院、東京の白鬚橋病院などの経営を継承し、グループの総ベッド数は1115床に。趣味はベンチプレスで、世界マスターズベンチプレス選手権で4回優勝し、世界新記録を1度樹立している。

連載の紹介

赤穂の風雲児 古城資久の急性期病院血風録
兵庫県の赤穂中央病院(265床)を拠点に、大阪府や東京都内でも医療・介護事業を拡大してきた伯鳳会グループ。その事業展開に加え病院運営面の改革でも注目を集めている理事長の古城資久氏が、自らの取り組みのほか、制度改革の荒波に揉まれる急性期病院の「今後」について語ります。

この記事を読んでいる人におすすめ