日経メディカルのロゴ画像

【薬局からの提言 第1回】
眠剤の増量は服薬状況を確認してから
くろしお薬局グループ(高知県)薬剤師チーフ 川添 哲嗣氏

2006/08/01

 院外処方率が全国平均で50%を超えるようになった昨今、服薬にまつわる悩みや疑問を薬局の薬剤師に相談する患者が増えている。薬剤師と患者の対話の中から、時に処方上の問題点が発見されるケースもあり、臨床医にとっても示唆に富む事例が少なくない。
 この「薬局からの提言」では、全国で活躍中の薬局薬剤師が、日々の調剤や服薬指導から気付いた薬物療法に関するトピックスについて、実際のエピソードを中心に解説する。第1回目は、高知県内に11店舗を構える調剤薬局チェーン「くろしお薬局グループ」でチーフ薬剤師を務める川添哲嗣氏に、睡眠導入薬に関するエピソードと、そこから得られた“教訓”を紹介してもらった。(編集部)




連載の紹介

【寄稿】これだけは言いたい!
日常診療から、医療経営・制度、医師のキャリアやライフスタイルに至るまで、医療・臨床医にまつわる様々なテーマに関する、論客による寄稿のコーナーです。1回完結の場合もあれば、テーマによっては複数回にわたり連載します。

この記事を読んでいる人におすすめ