今年9月に北海道に甚大な被害をもたらした「北海道胆振東部地震」。救クリで働く中路祐介(なかみち ゆうすけ)救急救命士は北海道札幌市出身で、実家が今も同市にあります。今回は、地震発生を受けて中路救急救命士が出た行動について報告することで、医療者の皆様に何らかの気付きを与えることができたらと思い、彼の当時の行動記録を紹介します。

被災地に救急車で駆け付けた我が救急救命士の画像

ログインして全文を読む