日経メディカルのロゴ画像

スタッフに私用を頼み過ぎた院長の後悔

2019/06/20
小畑 吉弘(日本医業総研)
スタッフに私用を頼み過ぎた院長の後悔の画像

 開業して1年が経過した女性医師のA先生。子育てをしながらの診療所運営ですが、開業してしばらくは患者数も少なく、診療時間も無理なく設定していたため、保育園のお迎えや家事なども特に問題なくこなせていました。
 しかし、その後患者数が増え、特にかぜの患者が増える時期には保育園のお迎えが遅くなることが多くなってきました。また、かぜの季節以外でも、診療終了間際に手間のかかる患者さんが駆け込んでくる日は、業務が終了するのが遅くなりがちでした。

著者プロフィール

日本医業総研●医院・診療所の開業コンサルティング企業。関西地方を中心に、220件以上の開業支援実績がある。関西および関東でクリニックモールの企画・開発も積極展開している。

連載の紹介

開業の落とし穴
開業は一生の一大事。一方で、診療所の経営環境は悪化の一途をたどっています。開業地の選定や資金調達など、軌道に乗るまでに潜むさまざまな落とし穴を、過去に開業されたドクターの事例を基に紹介します。
いま『日経ヘルスケア』の定期購読をお申し込みいただくと
病院の空床リスク回避策や診療所の経営ノウハウをまとめた
医療の特別冊子を一冊プレゼント!

急性期、回復期、慢性期の病院機能ごとにまとめた空床リスク回避策や効果的な情報発信で1日20人の増患を獲得したクリニックの経営ノウハウなど、病院・診療所マネジメントの理解が深まる特別冊子を一冊無料で進呈します。ぜひこの機会に定期購読をお試しください。

この記事を読んでいる人におすすめ