日経メディカルのロゴ画像

医院の開設工事に着手、地中から出てきたのは…

2018/05/17
小畑 吉弘(日本医業総研)
医院の開設工事に着手、地中から出てきたのは…の画像

 耳鼻咽喉科のA医師は、現在の勤務先病院の近くに競合クリニックが少ないこと、新築マンションの開設により小児人口が増えていることから、その地域で戸建て診療所の開業を検討することにしました。地元で不動産業を営むB社に相談したところ複数の候補地を提示され、その中から、スーパーマーケットが近い土地を第一候補として開業準備を進めることに。B社を通じて土地のオーナーに挨拶に行ったA医師は、この地で継続して医療を提供し、地域社会に貢献したいという熱い想いを伝えました。

著者プロフィール

日本医業総研●医院・診療所の開業コンサルティング企業。関西地方を中心に、220件以上の開業支援実績がある。関西および関東でクリニックモールの企画・開発も積極展開している。

連載の紹介

開業の落とし穴
開業は一生の一大事。一方で、診療所の経営環境は悪化の一途をたどっています。開業地の選定や資金調達など、軌道に乗るまでに潜むさまざまな落とし穴を、過去に開業されたドクターの事例を基に紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ