日経メディカルのロゴ画像

【第58回 内定者研修】
内定者の食事会で漏れ聞こえた意外な「本音」

2015/12/17
小畑 吉弘

イラスト:庄原 嘉子

 クリニックにおける医療専門職の採用が困難な状況になっているのは、皆さんご存じの通りです。今回は、紹介会社を通じて採用した看護師の思わぬ本音が明らかになり、院長が対応を迫られたという事例をご紹介します。

 地域医療に貢献したいと、クリニックの開業に向けて一念発起したA医師。オープニングスタッフの採用で医療専門職がなかなか集まらないと先輩開業医から聞かされていたことから、開業の3カ月前には求人広告の掲載手配を終え、2カ月前には面接を行うスケジュールを立てて人材確保の準備を進めました。

著者プロフィール

日本医業総研●医院・診療所の開業コンサルティング企業。関西地方を中心に、220件以上の開業支援実績がある。関西および関東でクリニックモールの企画・開発も積極展開している。

連載の紹介

開業の落とし穴
開業は一生の一大事。一方で、診療所の経営環境は悪化の一途をたどっています。開業地の選定や資金調達など、軌道に乗るまでに潜むさまざまな落とし穴を、過去に開業されたドクターの事例を基に紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ