日経メディカルのロゴ画像

【第29回 高齢者住宅でのテナント開業】
開業のわずか半年の遅れで患者が集まらない?!

2012/10/30
開業のわずか半年の遅れで患者が集まらない?!の画像

 内科医のF氏は、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の1階でテナント開業する医師の募集広告を見つけ、すぐに賃貸借契約をすることにしました。サ高住とは、単身高齢者や夫婦のみの高齢世帯が増える中、厚生労働省と国土交通省が2011年度に共同で創設した制度で、安否確認や生活相談サービスの提供が義務化された住宅です。医療や介護のサービスは外部の医療機関や事業者が提供します。

著者プロフィール

日本医業総研●医院・診療所の開業コンサルティング企業。関西地方を中心に、220件以上の開業支援実績がある。関西および関東でクリニックモールの企画・開発も積極展開している。

連載の紹介

開業の落とし穴
開業は一生の一大事。一方で、診療所の経営環境は悪化の一途をたどっています。開業地の選定や資金調達など、軌道に乗るまでに潜むさまざまな落とし穴を、過去に開業されたドクターの事例を基に紹介します。
いま『日経ヘルスケア』の定期購読をお申し込みいただくと
病院の空床リスク回避策や診療所の経営ノウハウをまとめた
医療の特別冊子を一冊プレゼント!

急性期、回復期、慢性期の病院機能ごとにまとめた空床リスク回避策や効果的な情報発信で1日20人の増患を獲得したクリニックの経営ノウハウなど、病院・診療所マネジメントの理解が深まる特別冊子を一冊無料で進呈します。ぜひこの機会に定期購読をお試しください。

この記事を読んでいる人におすすめ