日経メディカルのロゴ画像

『日経ヘルスケア』2018年1月号より
産休・育休明けの処遇、人事評価の注意点は?

2018/01/16

【質問】
女性の受付職員が妊娠して、産前・産後休暇と育児休暇を取ることになりました。休業後は職場復帰を望んでいます。受付やレセプト請求などの事務作業を的確にこなす優秀な人材なので、長く勤めてもらいたいと考えており、職場復帰後も配慮が必要だと思っているのですが、どのように対応すればよいでしょうか。(60歳、内科)

【回答】
育休は最長で2歳まで、短時間勤務制度など整備を
回答者◎(株)吉岡経営センター 認定医業経営コンサルタント 齊藤 規子


連載の紹介

診療所経営駆け込み寺
診療所経営の成否を握るカギは、医師としての腕の良しあしだけではありません。スタッフの採用・教育、コストの管理、広告・PR、患者接遇…。経営者としての「院長力」も問われます。本連載では、「院長力」に磨きをかけるための、 実践的ですぐに役立つ経営ノウハウを紹介します。
※本連載は「日経ヘルスケア」からの転載です。

この記事を読んでいる人におすすめ