日経メディカルのロゴ画像

職員採用で失敗ばかり、注意すべきポイントは?
『日経ヘルスケア』2016年2月号より

2016/02/18

【質問】
10年来、当院で働いてくれた看護師が転居により3カ月後に退職します。代わりの看護師を雇用したいのですが、過去に職員採用で何度も失敗していて、今度こそは当院の発展に寄与し、長期間働いてくれる方を採用したいと思っています。採用活動では、どのような工夫が必要でしょうか。(精神科、50歳代女性)

【回答】
採用は事前の準備が肝心! 求める人材基準を明確にする
(回答者◎第一経理 特定社会保険労務士 加藤 深雪)


連載の紹介

診療所経営駆け込み寺
診療所経営の成否を握るカギは、医師としての腕の良しあしだけではありません。スタッフの採用・教育、コストの管理、広告・PR、患者接遇…。経営者としての「院長力」も問われます。本連載では、「院長力」に磨きをかけるための、 実践的ですぐに役立つ経営ノウハウを紹介します。
※本連載は「日経ヘルスケア」からの転載です。

この記事を読んでいる人におすすめ