日経メディカルのロゴ画像

診療所の未収金対策、どこまでやるのが妥当?
『日経ヘルスケア』2014年10月号より

2014/10/15
日経ヘルスケア

【質問】
先日、ある患者の保険証資格喪失に気づかず、未収金が発生しました。今まで未収金対策をあまりしてきませんでしたが、この一件を機に体制を見直そうと思っています。外来中心の無床診療所では、どのような対策が一般的でしょうか。(整形外科、57歳男性)

【回答】
回収手順のルール化は必須、最終的には損金算入も視野に
(回答者◎行政書士横浜医療法務事務所 代表 岸部 宏一)


連載の紹介

診療所経営駆け込み寺
診療所経営の成否を握るカギは、医師としての腕の良しあしだけではありません。スタッフの採用・教育、コストの管理、広告・PR、患者接遇…。経営者としての「院長力」も問われます。本連載では、「院長力」に磨きをかけるための、 実践的ですぐに役立つ経営ノウハウを紹介します。
※本連載は「日経ヘルスケア」からの転載です。

この記事を読んでいる人におすすめ