日経メディカルのロゴ画像

人を雇うと決めたなら

2008/05/30

 院長1人でスタッフなしということもまれにありますが、大抵のクリニックはスタッフを雇うことになるでしょう。雇用に関する届け出などは、社会保険労務士、会計事務所に任せることが多いと思います。私もお任せしましたが、基本的なことは知っておくべきでしょう。書店に並んでいるマニュアル本でいいのですが、社会保険と会計についてそれぞれ読んでおくと、話がつかみやすくなります。

 以下、最低限押さえておくべきポイントです。

社会保険=健康保険、年金、介護保険。
届け出は社会保険事務所。

労働保険=雇用保険、労災保険。
雇用保険は「雇用保険適用事業所設置届」「雇用保険資格取得届」を公共職業安定所(ハローワーク)に提出。労災保険は「保険関係成立届け出」「概算保険料申告書」を労働基準監督署に提出します。

著者プロフィール

目黒 瞳●めぐろ ひとみ氏。生まれ育った地元で、2008年、眼科を開業。なかなか増えない患者数に不安になりつつ、後進のためになる話を記録に残そうと本連載を執筆。

連載の紹介

開業奮戦記(目黒瞳)
「開業のきっかけは?」「開業地域や物件を選ぶポイントは?」「開業資金は?」「患者は来てくれる?」。理想に向かって診療所開業に踏み切った医師たちが、日々悩み、悪戦苦闘する様子をリアルにお伝えします。

この記事を読んでいる人におすすめ