日経メディカルのロゴ画像

第6回
岐路に立つエイズ対策と国連合同エイズ計画

2011/05/31
江副聡(国連合同エイズ計画)、喜多洋輔(世界保健機関)、 鷲見学(世界保健機関)
岐路に立つエイズ対策と国連合同エイズ計画の画像

 2011年は、1981年に「エイズ患者」がはじめて報告されてから30年目を迎える。また、1996年の「国連合同エイズ計画(UNAIDS)」の設立からは15年目、世界各国の首脳が国連本部でエイズとの闘いを宣言した2001年の「国連エイズ特別総会」からは10年目の節目でもある。この間、人類は英知を結集してエイズに立ち向かってきた。そうした中で、2011年6月8日~10日に「国連エイズ特別総会ハイレベル会合」が開催され、各国の代表やNGOの参加のもとで、これまでの対策や「ユニバーサルアクセス」を含む目標の達成度合いを総括し、今後の世界のエイズ対策の方向性を議論することになっている。

著者プロフィール

ジュネーブの国際機関に勤務する日本人職員が有志で集まり、持ち回りで執筆していきます。なお、本記事内の意見部分は筆者らの個人的見解であり、所属組織の公式見解ではありません。

連載の紹介

ジュネーブ国際機関だより
WHO(世界保健機関)やUNAIDS(国連合同エイズ計画)などスイス・ジュネーブの国際機関で日々議論されている世界の保健医療(グローバルヘルス)の課題を、現地の日本人職員がリアルタイムに日本の医療関係者に伝えます。

この記事を読んでいる人におすすめ