日経メディカルのロゴ画像

「延命治療しない」はずの家族が突然中心静脈栄養を希望…どう対応?

2021/04/26
柳本蔵人(東京ビジネスクリニック ペリエ千葉エキナカ[千葉県千葉市])

99歳女性。馬場富士江さん(仮名) 主訴:経口摂取困難

 高血圧症、骨粗鬆症、アルツハイマー型認知症で、近医へ外来通院していましたが、2カ月前に発熱があり、尿路感染症との診断で中原病院(80床の中小病院)に入院しました。入院中はせん妄もあり、ADL(日常生活動作)が低下。退院後の外来通院は困難と判断され、一条ファミリークリニックに訪問診療の依頼がありました。

 馬場さんは、長女の英子さんと二人暮らしです。退院後、一条医師が訪問すると、食事摂取量は少ないものの、大好きなお菓子などを食べることはできていました。英子さんと今後について相談したところ、「食べられる範囲で食べてもらって、食べられなくなったら無理はさせたくない」という希望だったので、人工的水分・栄養補給法は導入しないこととしました。

 徐々に食事摂取量が低下し、1日当たりお菓子を数口程度しか食べられない状態となりました。本人から苦痛の訴えはなく、英子さんも「食事量はかなり少なくなってきたが、年のせいだから仕方がない」と話していました。その後、馬場さんは日中もウトウトする時間が増え、ほぼ経口摂取不能となりました。

 ある日、馬場さんを担当している訪問看護ステーションひかりの橘看護師から一条医師に電話がありました。「英子さんが中心静脈栄養を希望して、病院に入院させてほしいと言っている」とのことです。

連載の紹介

プライマリ・ケア連合学会が贈る『現場で使える総合診療』
「総合診療ってよく分からない、とっつきにくい」と思っていませんか?ですが、総合診療・家庭医療はプライマリ・ケアの現場から立ち上がった専門領域です。そのエッセンスを取り入れることで、日常診療における困りごとへの解決の糸口や、新たな視点を得られるかもしれません。「患者中心の医療の方法」は、ただのスローガンではありません。患者が抱える「病い」や、患者を取り巻く家族・地域にまで目を配ることで見えてくるものがあります。この連載では、総合診療医・家庭医療的な視点を生かすことで得られる日常診療の改善例を、総合診療医・家庭医が症例ベースで解説します。監修:日本プライマリ・ケア連合学会

この記事を読んでいる人におすすめ