日経メディカルのロゴ画像

在宅医療の多職種連携を円滑にする小さな工夫

60歳女性。平野幸子さん(仮名) 主訴:多系統萎縮症

 運転中に左に寄りすぎたり、歩いていてふらついたりすることがあり、若葉中央病院(360床の基幹病院)を受診したところ、多系統萎縮症と診断されました。徐々にふらつきが悪化し、車椅子で通院していましたが、発症から4年ほど経った頃に通院が困難となったため、一条ファミリークリニックに訪問診療の依頼がありました。

 平野さんは、長女の千尋さん、千尋さんの夫、千尋さんの子ども2人との5人暮らしです。千尋さんはパートの仕事をしていて、平野さんが家で1人になる時間も長いようです。

 初回の訪問時、一条医師は東看護師とともに、平野さんと千尋さんから、ふらつきなどの症状、生活の様子などを聞きました。身体診察で足に挫創を認め、転倒しやすい可能性を考慮しました。家の中には、トイレまで手すりが設置してあります。訪問診療開始前から、訪問看護・リハビリテーションが導入されており、担当者は訪問看護ステーションひかりの橘看護師、堺理学療法士(PT)、堀言語聴覚士(ST)です。

連載の紹介

プライマリ・ケア連合学会が贈る『現場で使える総合診療』
「総合診療ってよく分からない、とっつきにくい」と思っていませんか?ですが、総合診療・家庭医療はプライマリ・ケアの現場から立ち上がった専門領域です。そのエッセンスを取り入れることで、日常診療における困りごとへの解決の糸口や、新たな視点を得られるかもしれません。「患者中心の医療の方法」は、ただのスローガンではありません。患者が抱える「病い」や、患者を取り巻く家族・地域にまで目を配ることで見えてくるものがあります。この連載では、総合診療医・家庭医療的な視点を生かすことで得られる日常診療の改善例を、総合診療医・家庭医が症例ベースで解説します。監修:日本プライマリ・ケア連合学会

この記事を読んでいる人におすすめ