日経メディカルのロゴ画像

77歳女性。渡辺洋子さん(仮名) 主訴:めまい

 高血圧、便秘症、腰痛症の診断で、夕陽が丘家庭医療診療所(公設民営の無床診療所、医師3人体制)へ通院中。ADLは自立。普段の受診頻度は2カ月に1回ですが、不眠を訴えて3日前に臨時で受診しました。診察上、器質的疾患の影響は考えにくく、ラメルテオン(商品名ロゼレム)を処方し経過観察の方針となりました。

 本日、めまいを訴えて受診。前日には中原病院(80床の中小病院)の救急外来も受診したようです。発症は緩徐で、意識消失や前失神、嘔吐、頭痛、頸部痛、顔面や四肢のしびれ、動悸、耳鳴り、難聴といった症状はありません。

 体温36.2℃、血圧138/82mmHg、脈拍76回/分、SpO2 97%(室内気)

 明らかな麻痺や構音障害などはなく、普段と変わった様子も見られません。

連載の紹介

プライマリ・ケア連合学会が贈る『現場で使える総合診療』
「総合診療ってよく分からない、とっつきにくい」と思っていませんか?ですが、総合診療・家庭医療はプライマリ・ケアの現場から立ち上がった専門領域です。そのエッセンスを取り入れることで、日常診療における困りごとへの解決の糸口や、新たな視点を得られるかもしれません。「患者中心の医療の方法」は、ただのスローガンではありません。患者が抱える「病い」や、患者を取り巻く家族・地域にまで目を配ることで見えてくるものがあります。この連載では、総合診療医・家庭医療的な視点を生かすことで得られる日常診療の改善例を、総合診療医・家庭医が症例ベースで解説します。監修:日本プライマリ・ケア連合学会

この記事を読んでいる人におすすめ