日経メディカルのロゴ画像

治療方針は誰が決める? 救急現場の意思決定

85歳男性。小野輝雄さん(仮名) 主訴:誤嚥

 若葉中央病院(360床の基幹病院)救急科に、救急隊からの受け入れ要請が入りました。小野さんは1年前に脳梗塞で若葉中央病院に入院したことがあります。現在は有料老人ホームだいちに入所中です。今朝食事中に誤嚥を起こし、吸引ノズルでは吸引除去できなかったため、救急要請となりました。

 救急隊によると、酸素投与および気管内吸引を施行しつつ搬送していたところ、心肺停止状態となったため心肺蘇生法(CPR)を続けながら搬送するとのことです。

連載の紹介

プライマリ・ケア連合学会が贈る『現場で使える総合診療』
「総合診療ってよく分からない、とっつきにくい」と思っていませんか?ですが、総合診療・家庭医療はプライマリ・ケアの現場から立ち上がった専門領域です。そのエッセンスを取り入れることで、日常診療における困りごとへの解決の糸口や、新たな視点を得られるかもしれません。「患者中心の医療の方法」は、ただのスローガンではありません。患者が抱える「病い」や、患者を取り巻く家族・地域にまで目を配ることで見えてくるものがあります。この連載では、総合診療医・家庭医療的な視点を生かすことで得られる日常診療の改善例を、総合診療医・家庭医が症例ベースで解説します。監修:日本プライマリ・ケア連合学会

この記事を読んでいる人におすすめ