日経メディカルのロゴ画像

妊婦の受診は継続的ケアへとつなげるチャンス

31歳女性。山本舞さん(仮名) 主訴:鼻汁、鼻閉感

 毎年3月中旬頃になると鼻汁、鼻閉感があり、耳鼻科に通院して処方を受けていましたが、引っ越しに伴い近くに耳鼻科もないことから夕陽が丘家庭医療診療所(公設民営の無床診療所、医師3人体制)へ初めて受診しました。問診票にて妊娠25週。

発熱なし、血圧106/68mmHg、脈拍70回/分

連載の紹介

プライマリ・ケア連合学会が贈る『現場で使える総合診療』
「総合診療ってよく分からない、とっつきにくい」と思っていませんか?ですが、総合診療・家庭医療はプライマリ・ケアの現場から立ち上がった専門領域です。そのエッセンスを取り入れることで、日常診療における困りごとへの解決の糸口や、新たな視点を得られるかもしれません。「患者中心の医療の方法」は、ただのスローガンではありません。患者が抱える「病い」や、患者を取り巻く家族・地域にまで目を配ることで見えてくるものがあります。この連載では、総合診療医・家庭医療的な視点を生かすことで得られる日常診療の改善例を、総合診療医・家庭医が症例ベースで解説します。監修:日本プライマリ・ケア連合学会

この記事を読んでいる人におすすめ