日経メディカルのロゴ画像

産後の家族を支える! 母子手帳は情報の宝庫

生後1カ月男児。山本樹くん(仮名) 主訴:肌あれ

 地域の産院で在胎39週4日、3049g、自然分娩にて出生。出生時、特に異常なし。1カ月健診でも体重増加良好で、診察上も問題なく、産院でのフォローは終了。その後、顔を中心に肌が乾燥したり、赤みが出たりを繰り返すため、心配になった母親とともに夕陽が丘家庭医療診療所(公設民営の無床診療所、医師3人体制)を初めて受診しました。

 母子手帳で確認したところ、母親は舞さん(仮名:31歳)、父親は健太さん(仮名:31歳)。

連載の紹介

プライマリ・ケア連合学会が贈る『現場で使える総合診療』
「総合診療ってよく分からない、とっつきにくい」と思っていませんか?ですが、総合診療・家庭医療はプライマリ・ケアの現場から立ち上がった専門領域です。そのエッセンスを取り入れることで、日常診療における困りごとへの解決の糸口や、新たな視点を得られるかもしれません。「患者中心の医療の方法」は、ただのスローガンではありません。患者が抱える「病い」や、患者を取り巻く家族・地域にまで目を配ることで見えてくるものがあります。この連載では、総合診療医・家庭医療的な視点を生かすことで得られる日常診療の改善例を、総合診療医・家庭医が症例ベースで解説します。監修:日本プライマリ・ケア連合学会

この記事を読んでいる人におすすめ