日経メディカルのロゴ画像

血糖コントロールを改善する魔法の質問

2020/02/10
加藤寿(秩父市立病院)

73歳男性。高橋和夫さん(仮名) 主訴:血糖コントロール悪化

 糖尿病、高血圧、軽度認知障害(MCI)などで診療所の外来に月に1回、長期間、通院している患者。介護保険申請なし。糖尿病の治療は内服薬のみで、元々はHbA1cが7%前後と血糖コントロールは良好でしたが、ここ2〜3カ月で、急速にHbA1cが悪化してきており、本日の血液検査では随時血糖400mg/dL、HbA1cは11%まで上昇していました。

連載の紹介

プライマリ・ケア連合学会が贈る『現場で使える総合診療』
「総合診療ってよく分からない、とっつきにくい」と思っていませんか?ですが、総合診療・家庭医療はプライマリ・ケアの現場から立ち上がった専門領域です。そのエッセンスを取り入れることで、日常診療における困りごとへの解決の糸口や、新たな視点を得られるかもしれません。「患者中心の医療の方法」は、ただのスローガンではありません。患者が抱える「病い」や、患者を取り巻く家族・地域にまで目を配ることで見えてくるものがあります。この連載では、総合診療医・家庭医療的な視点を生かすことで得られる日常診療の改善例を、家庭医療専門医が症例ベースで解説します。監修:日本プライマリ・ケア連合学会

この記事を読んでいる人におすすめ