最終回となる今回は、医療費をなるべく抑えたい場合の処方と、ポリファーマシー対策について解説します。特に高齢者では、経済的な事情があったり、他にも疾患を抱えていたりするため、これらは重要なポイントとなります。患者は医療費が高いことを苦にしていても、主治医にはあまり言えず、受付の事務や看護師に話すことは少なくないのです。

財布にやさしい処方とポリファーマシー対策の画像

ログインして全文を読む