厚生労働省の発表によると全国の認知症の患者数は、2012年の時点で約462万人。65歳以上の高齢者の約7人に1人が認知症でした。ですが、このまま日本の高齢化が進むと2025年には認知症患者数が約700万人となり、65歳以上の高齢者は約5人に1人が認知症を発症する推計になっています。国も2012年に「認知症施策推進5か年計画」(オレンジプラン)を、2015年には「認知症施策推進総合戦略」(新オレンジプラン)を策定するなど、認知症患者に社会として対応していくための準備を進めています。

糖尿病による合併症、忘れてはいけない認知症の画像

ログインして全文を読む