日経メディカルのロゴ画像

第15回
糖尿病患者に癌の発症が多いワケ

2018/05/17
岩岡秀明(船橋市立医療センター代謝内科部長)
糖尿病患者に癌の発症が多いワケの画像

 日本人の2人に1人が癌になり、6人に1人(2017年の推計では約2000万人)が糖尿病やその予備群と推計されています。今や癌と糖尿病はそれぞれ「国民病」と呼ばれる身近な病気です。一見、全く関係がなさそうなこの2つの病気ですが、日本人の糖尿病患者の死因で最も多いのは癌です。

 したがって、糖尿病患者は、定期的に癌の検診も受ける必要があります。

 日本糖尿病学会と日本癌学会の合同で結成した「糖尿病と癌に関する委員会」が2013年5月に行った報告では、糖尿病の日本人はそうでない日本人に比べて、男女共に1.19倍(男性の95%信頼区間1.12-1.27、女性は同1.07-1.31)、癌に罹患するリスクが高いとされています。特に、結腸癌になるリスクは1.4倍(同1.19-1.64)、肝癌は1.97倍(同1.65-2.36)、膵癌は1.85倍(同1.46-2.34)も高いことが分かりました。また、統計学的に有意ではなかったものの、子宮内膜癌(ハザード比1.84、95%信頼区間0.90-3.76)、膀胱癌(ハザード比1.28、95%信頼区間0.89-1.86)でリスク上昇の可能性が示されています。他の癌種では関連は見られませんでした。

著者プロフィール

岩岡 秀明(船橋市立医療センター代謝内科部長)●いわおか ひであき氏。1981年千葉大卒後、同大第二内科入局。2002年4月より船橋市立医療センター。2012年より千葉大学医学部臨床教授を併任。日本糖尿病学会専門医、同学会学術評議員、日本内分泌学会専門医。主な編著書:「ここが知りたい! 糖尿病診療ハンドブック」、「内分泌代謝内科グリーンノート」(いずれも中外医学社)など。

連載の紹介

岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」
最新のエビデンス・ガイドラインに基づき、糖尿病診療で把握しておくべき知識、症状に合わせた治療方針の組み立て方、患者指導の勘所、薬剤の使い分けなどについて重要なポイントを解説する連載。患者の症状や年齢、生活習慣に合わせたワンランク上の糖尿病診療を行う秘訣を、ベテラン糖尿病専門医である岩岡秀明氏が紹介します。
編集部からのお知らせ
この連載が本になりました!
『プライマリ・ケア医のための糖尿病診療入門』好評発売中

日経メディカルではこのほど、本連載を再編集した書籍「プライマリ・ケア医のための糖尿病診療入門」を上梓しました。非専門医が糖尿病患者を診る際のポイントを、実践的かつ分かりやすく解説した書籍となります。また、合わせて、家庭医療の研修プログラムの運営に携わる藤沼康樹氏やEBM啓発の第一人者である南郷栄秀氏、医学教育で名高い徳田安春氏、在宅医療を進める高瀬義昌氏との対談も収録させていただきました。ぜひ、ご活用ください。

この記事を読んでいる人におすすめ