日経メディカルのロゴ画像

連載第7回
インスリン導入の実際-強化インスリン療法編

2006/05/26

【質問】
インスリン療法は、製剤の種類がたくさんある上、注射回数なども様々で、どの方法で行うのがいいのか分かりません。

【回答】
デバイス(注射器)を一つに決め、なるべく強化インスリン療法を試みる。

 今回は、2型糖尿病患者に、外来でインスリンを導入する場合の具体的な方法・ポイントについて解説する。本連載第6回で紹介したようなインスリン療法に関する説明を患者に行い、その必要性を患者が理解した場合、外来でのインスリン導入成功のための次のポイントは、医師・看護師が指導しやすい(=患者も使いやすい)デバイス(注射器)を選択することである。

著者プロフィール

岩岡 秀明(船橋市立医療センター内科副部長)●いわおか ひであき氏。1981年千葉大卒後、同大第二内科入局。研修後、成田赤十字病院などを経て、2002年4月より現職。

連載の紹介

【臨床講座】誰にも聞けない糖尿病の基礎
糖尿病患者は増加の一途をたどっています。経口糖尿薬は何を選択すればいいか?インスリンはいつ導入すべきか?合併症を防ぐためのポイントは?教科書では分からない糖尿病診療の基本やコツを紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ