2030年の医療の現場は、第4次産業革命で登場する人工知能やIoTなどの技術革新により、大きく変わります。この連載では、現在発売中の書籍『医療4.0(第4次産業革命時代の医療)』から、第3章を転載します。医療領域でも人工知能(AI)の活用が進んでいますが、五十嵐氏は2030年前後には「判断責任ミスマッチ」という問題に直面すると予想します。

医療において変わりゆくものと変わらないものの画像

ログインして全文を読む