日経メディカルのロゴ画像

気分障害の問診 ~前編~
躊躇せず「死にたい気持ち」を確認せよ

2012/09/09

 今回からPIPC(Psychiatry In Primary Care)の中核を成すMAPSOシステムの各項目について詳しく解説していきます。

 簡単に、前回のおさらいをしましょう。MAPSOとは、気分障害(Mood disorders)、不安障害(Anxiety disorders)、精神病群(Psychoses)、物質関連障害(Substance-induced disorders)、器質性疾患/その他の障害(Organic or Other disorders)という5大疾患群の頭文字をつなげたものです。内科医やプライマリケア医が出会う頻度の高い疾患のみに的を絞って、複雑な精神科の用語や概念を、非専門医でも覚えやすいように整理配列した診断ツールです。

 ではさっそく、MAPSOのM、すなわち「Mood = 気分障害」の問診からはじめましょう。


■気分障害に含まれる疾患とは?

著者プロフィール

井出 広幸(信愛クリニック院長)●いでひろゆき氏。1990年群馬大卒。東海大大磯病院内視鏡内科助手などを経て、2003年に信愛クリニックを設立。日本内科学会総合内科専門医、日本消化器内視鏡学会専門医。PIPC研究会ファシリテーター。

連載の紹介

内科医だからできるこころの診療
精神疾患を専門としない内科医であっても、精神科的な対応が必要な患者にしばしば遭遇します。そのような患者への対応法を、PIPC(Psychiatryin Primary Care)という教育プログラムに沿って学びましょう。

この記事を読んでいる人におすすめ