皆さん、こんにちは。金子英弘です。ドイツ留学中には、日経メディカル Onlineの連載「欧州心臓病治療の最前線」で大変お世話になりました。

 連載第1回は2017年に改訂された「急性・慢性心不全診療ガイドライン」の制作班の1人で日本循環器学会代表理事である小室一成氏(東京大学医学部循環器内科教授)に、新たなガイドラインの紹介も含めて、心不全診療の課題についてお話を伺いました。

心不全の予後はプライマリ・ケア医が決めるの画像

ログインして全文を読む