日経メディカルのロゴ画像

白い巨塔、財前五郎の「これが死か」に抗議する

2019/06/20
廣橋 猛(永寿総合病院)
白い巨塔、財前五郎の「これが死か」に抗議するの画像

少し前の話題になりますが、2019年版ドラマ「白い巨塔」をご覧になった方、少なからずいらっしゃったでしょうか。私も現代版と謳われた「白い巨塔」がどのようになるか興味を持って見ていました。前々作、前作と異なるのは、現代における難治性の癌として膵臓癌が扱われたところ。医療訴訟に敗れた岡田准一演ずる財前五郎は、その直後にステージ4の膵臓癌であることが判明。治療に立ち向かうも、やがてトルソー症候群による脳梗塞を合併し、最期を迎えることになります。その臨終の場面、私は緩和ケア医としてどうしても納得いかない部分がありました。

著者プロフィール

廣橋猛(永寿総合病院 がん診療支援・緩和ケアセンター長)●ひろはし たけし氏。2005年東海大学医学部卒。三井記念病院内科などで研修後、09年緩和ケア医を志し、亀田総合病院疼痛・緩和ケア科、三井記念病院緩和ケア科に勤務。14年2月から現職。

連載の紹介

廣橋猛の「二刀流の緩和ケア医」
東京下町で病棟、在宅と2つの場の緩和医療を実践する「二刀流」の緩和ケア医、廣橋氏が癌医療や終末期医療、在宅ケアの現状や問題点を綴りながら、患者さんが病院から在宅まで安心して過ごせる医療とケアについて考える。本人のオフィシャルサイトはこちら

この記事を読んでいる人におすすめ