最近、低用量抗癌剤治療なるものをクリニックで受けている患者が、緩和ケア外来を受診するケースが散見されるようになりました。通常より非常に少ない量の抗癌剤を用いることで副作用を防ぎ、癌が大きくならないよう維持していくことを目指しているのだそうです。自分は化学療法の専門家ではないので詳細な説明は省きますが、低用量抗癌剤治療の有効性を示すエビデンスは存在せず、教科書やガイドラインにも記載されていません。

「低用量抗癌剤」に緩和ケア医が感じる憂鬱の画像

ログインして全文を読む