日経メディカルのロゴ画像

川島なお美さんの逝去から学ぶべきこと

2015/10/09
廣橋 猛(永寿総合病院)

 女優の川島なお美さんが9月24日、胆管癌のため逝去されました。胆管癌という、悪性腫瘍の中でも難しい病気と闘っておられたため、非常に心配していたのですが、不安が現実となってしまいました。

 今回、皆さんが驚かれたことは2つあったのではないでしょうか。1つ目は9月8日にご夫妻で記者会見に臨まれた際、非常に痩せたご様子であったこと。2つ目はその記者会見から、わずか16日後に逝去されたことです。

 記者会見では凛と立ってお話をされていましたが、見るからに羸痩(るいそう)が進んでおり、恐らく末期癌の状態なのではないかと感じました。そして、そのわずか16日後の訃報に驚きはしましたが、予想外とは感じませんでした。

 ここに、末期癌患者の経過について学ぶべきことが隠されています。

癌患者は最期に急激に悪化して亡くなる
 一般の方からすると、病は少しずつ悪化していくという印象をお持ちのようです。癌患者が亡くなるとき、ご家族は急に悪くなってしまったとショックをお受けになることがありますが、終末期癌患者を多く見ている医療者からすると、よくある光景です。

 このように、癌患者は最期に急激に悪化して亡くなります。逆の見方をすると、亡くなるギリギリまで、自分のやりたいことができる可能性があります。

著者プロフィール

廣橋猛(永寿総合病院 がん診療支援・緩和ケアセンター長)●ひろはし たけし氏。2005年東海大学医学部卒。三井記念病院内科などで研修後、09年緩和ケア医を志し、亀田総合病院疼痛・緩和ケア科、三井記念病院緩和ケア科に勤務。14年2月から現職。

連載の紹介

廣橋猛の「二刀流の緩和ケア医」
東京下町で病棟、在宅と2つの場の緩和医療を実践する「二刀流」の緩和ケア医、廣橋氏が癌医療や終末期医療、在宅ケアの現状や問題点を綴りながら、患者さんが病院から在宅まで安心して過ごせる医療とケアについて考える。本人のオフィシャルサイトはこちら

この記事を読んでいる人におすすめ