日経メディカルのロゴ画像

11病院から入院を断られた90歳男性のその後

2018/03/29
樋口 昌克(豊泉家グループ医療法人成和会ほうせんか病院副理事長)
11病院から入院を断られた90歳男性のその後の画像

 介護施設では、入居者の容体が急変する場面にしばしば遭遇します。今回は、特別養護老人ホームA(Aホーム)に入居している90歳の男性Bさんが急変した際に起こった出来事について、お話しさせていただきます。

 ある土曜日、Bさんは朝の食事を終え、デイルームの椅子に座って、いつも通りくつろいで過ごしていました。ところが10時45分ごろ、介護職員は、Bさんが椅子に座ったまま下を向いて唾液を垂らし、意識消失しているのを発見しました。介護職員は慌てて駆け寄り、揺すって起こそうとしましたが、痛覚反応もない状態でした。

 

著者プロフィール

樋口昌克(豊泉家グループ医療法人成和会ほうせんか病院副理事長)●ひぐちまさよし氏。社会福祉法人関西福祉会を経て、2000年に社会福祉法人福祥福祉会(豊泉家グループ)に入職。特別養護老人ホーム施設長、法人運営本部・営業本部長を経て、13年にグループ内の医療法人成和会・博友会に異動。両法人の法人本部長兼副理事長に就任し、病院マネジメントに従事する。

連載の紹介

医師が知らない介護の話
地域包括ケア推進の流れの中、医療現場において、医師が介護系職種と関わったり、介護側の実情を鑑みた上で対応しなければならない機会が増えています。医療界と介護界の双方に関わる著者が、医師が知っておくと現場で役に立つ介護業界の内情を綴ります。

この記事を読んでいる人におすすめ